『0120』株主優待獲得のノーリスク戦略!?


カテゴリ
kabuりツキ!!
kabuりツキ!!/一覧 (290)




↑株式ランキング

2004年10月
         
11
           

新着エントリ
『0290』ミクシィにメインで書込みしてます。 (10/21)
『0289』日経BPの編集長からの詫び状待ち (4/3)
『0288』取材の件 (2/28)
『0287』06年2月度の損益 (2/28)
『0286』底打ったかぁ? (2/23)
『0285』一休み、一休み。 (2/20)
『0284』正しく負けれる心を持とう。 (2/16)
『0283』今年の利益を全て溶かす。_| ̄|○ (2/14)
『0282』2/10金と2月2週目の損益 (2/11)
『0281』欲に溺れ、欲に救われる (2/9)
『0280』2/9木の損益 (2/9)
『0279』2/7火2/8水の損益 (2/9)
『0278』大損失ほどクールで。 (2/9)
『0277』まずは半値返し(゚Д゚) (2/7)
『0276』2/6月の損益 (2/7)
『0275』灯油で40万炎上_| ̄|○ (2/7)
『0274』INV@ST為替セミナー「天海・マットの 2006年 為替で儲けたおす!」その5 (2/5)
『0273』INV@ST為替セミナー「天海・マットの 2006年 為替で儲けたおす!」その4 (2/5)
『0272』INV@ST為替セミナー「天海・マットの 2006年 為替で儲けたおす!」その3 (2/5)
『0271』INV@ST為替セミナー「天海・マットの 2006年 為替で儲けたおす!」その2 (2/5)
『0270』INV@ST為替セミナー「天海・マットの 2006年 為替で儲けたおす!」その1 (2/5)
『0269』2/2木2/3金と2月1週目の損益 (2/5)
『0268』総Longはso long (2/3)
『0267』不動産投資セミナー2回目 (2/2)
『0266』日柄調整を要すると思う。 (2/2)
『0265』2/1月の損益 (2/2)
『0264』06年1月度の損益 (1/31)
『0263』N225強すぎ! (1/30)
『0262』濃密な2日間。。。疲れたケド楽しかった。 (1/30)

■■■ 著者プロフィール ■■■

■■■ mixiでのプロフはこちら ■■■

gooBLOG版(ミラーサイト)
kabuりツキ!!

アーカイブ
2004年 (127)
6月 (18)
7月 (32)
8月 (27)
9月 (36)
10月 (11)
11月 (1)
12月 (2)
2005年 (104)
1月 (36)
2月 (11)
7月 (2)
8月 (12)
9月 (19)
10月 (15)
12月 (9)
2006年 (59)
1月 (33)
2月 (24)
4月 (1)
10月 (1)


アクセスカウンタ
今日:16
昨日:35
累計:345,988


RSS/Powered by 「のブログ

[PR]



2004年10月11日(Mon)
< 『0109』明日の狙い目 < 『0119』10月の値動きを... | [都度]銘柄別分析/一覧 | 『0130』三尊天井。。。 > 『0163』仕手銘柄のボスキ...
『0120』株主優待獲得のノーリスク戦略!?

■女性投資家中心に流行っている「株主優待銘柄」への投資ですが、
 今更ながらに、しかも9月優待銘柄を分析しました。f(^^;

■名付けて、「高額優待抜き取り作戦!?」です。
 <前提条件>
 1)空売りができる銘柄である事
 2)信用口座を持っている事

■優待好きな方なら多分、すでに思い付いている方も、たくさんおられる
 とは容易に想像できますが、私は今、気付いたので書きます。

■高額優待抜き取り作戦の実行手順■
〜例題銘柄:9202全日本空輸(ANA)〜
  ・権利獲得日(9/24)
  1)寄付の成行で4000株信用売建
  2)寄付の成行で4000株現物買い
 ・権利獲得日の翌日(9/27)
  3)寄付の成行で4000株信用売建の返済(買戻)
  4)寄付の成行で4000株現物売り

■この作戦の狙い■
 ・権利獲得後の翌日の売り優勢は誰でも想像つくので、
  ヘッジ取引して反対売買をかけておくのです。
 ・結果、同値でやり取りした場合、手数料のみで、
  優待権利が取れます。

■この作戦の効果■
 〜例題銘柄:9202全日本空輸(ANA)の場合〜
 >>1,000以上:1,000株につき1枚
 >>4,001以上:4枚+4,000株超過分2,000株毎に1枚
 >10,001以上:7枚+10,000株超過分4,000株毎に1枚
 >100万1以上:254枚+1,000,000株超過分8,000株毎に1枚
 であれば、4000株までが効率よく優待を得られるので、
 9/24の寄付で4000株で成行き実行した場合、@369円だったので、
 1)4000株信用売建×@369円=1,476,000円
 2)4000株現物買い×@369円=1,476,000円
 ですので、147.6万円の現金と、信用余力(44.3万円)で
 今年の9月の場合、投資金額は191.9万円(手数料除)です。

 9/27に反対売買を寄付きで成行実行した場合、
 ほぼ同値で処理されるでしょうから、@356円で処理されたとします。
 結果、差損は0円で、手数料のみとなるはずです。

 そうすると、50%割引優待券が4枚、抜き取りできた事になります。
 これがヤフオクでは、ほぼ1枚1万円辺りでやりとりされてますから、

 4枚の価値は、手数料・送料は除外しますが、おおよそ4万円となります。

 大雑把にみて、200万円の投資で4万円の利益ですから、
 2営業日の反対売買で2%の利益を得たことになります。
 #ヤフオクへの出品などの労力は含みませんが。。。


■リスクを取った場合の効果■
 以下のチャートを参考にすると、


 1)優待銘柄は権利確定日の1ヶ月前から上昇しやすい傾向がある為、
   通常の値幅狙いとして3日と9日の移動平均のゴールデンクロスで買い、
   デッドクロスで売ることで利益を得る

 2)例題では権利確定日は陰線だったから、
   売建は寄付@369で、現物買は大引け@365ですれば、
   その差4円×4000株で手数料を回収する利益がとれた

 3)例題では権利確定日の翌日は陽線だったから、
   売り建ての買い戻しは寄付@353で、
   現物買いの売りは大引け@360で手仕舞いすれば、
   その差7円×4000株の利益が取れた
   また、下降トレンドになりがちの様なので、
   売りの買戻しを翌日以降にすれば、さらに利益が
   上がる可能性がある。

 上記は、次回も同じ値動きをする保障がないので、
 あくまで、リスクを取れば優待権利と値幅取りと両立可能です
 ということです。

■この作戦の注意事項■
 ・売り建てで逆日歩がついたら、ノーリスクでは無くなります。
  逆日歩がつくか、つかないかの状況は監視が必要です。

 ---<追加注意事項>---
 ・配当金について
  ANAの場合、決算の04年3月期で3円の配当がありました。
  9月の中間配当は無い様なので、実際は発生しておりませんが、
  次の05年3月末の優待狙いだと優待の権利 + 配当権利も付きますね。

  売建では権利日を持ち越すと「配当落調整額」という損金支払いが発生します。
  ただし、現物の買いも同株数、権利日を持ち越しているため、
  同額の配当金がもらえる為、この金額も差引きゼロになると思います。
  損金の支払いが月末頃とすると、配当は1・2ヶ月後ですから、
  ■4000株×3円で1.2万円先払いのリスクはありますね。■

  優待権利は信用買建ではもらえませんし、売建では優待落による調整金は、
  発生しないようなので、これによる損失は無いようです

  #名古屋人さんコメントありがとうございます!m(__)m


☆さて、来年3月にそれなりのキャッシュがあれば実行してみたいっす(^^ゞ



〜なるほど!と思った方の1クリックをお願い致します。m(__)m 〜