『0178』路線価


カテゴリ
kabuりツキ!!
kabuりツキ!!/一覧 (290)




↑株式ランキング

2005年8月
  5
     

新着エントリ
『0290』ミクシィにメインで書込みしてます。 (10/21)
『0289』日経BPの編集長からの詫び状待ち (4/3)
『0288』取材の件 (2/28)
『0287』06年2月度の損益 (2/28)
『0286』底打ったかぁ? (2/23)
『0285』一休み、一休み。 (2/20)
『0284』正しく負けれる心を持とう。 (2/16)
『0283』今年の利益を全て溶かす。_| ̄|○ (2/14)
『0282』2/10金と2月2週目の損益 (2/11)
『0281』欲に溺れ、欲に救われる (2/9)
『0280』2/9木の損益 (2/9)
『0279』2/7火2/8水の損益 (2/9)
『0278』大損失ほどクールで。 (2/9)
『0277』まずは半値返し(゚Д゚) (2/7)
『0276』2/6月の損益 (2/7)
『0275』灯油で40万炎上_| ̄|○ (2/7)
『0274』INV@ST為替セミナー「天海・マットの 2006年 為替で儲けたおす!」その5 (2/5)
『0273』INV@ST為替セミナー「天海・マットの 2006年 為替で儲けたおす!」その4 (2/5)
『0272』INV@ST為替セミナー「天海・マットの 2006年 為替で儲けたおす!」その3 (2/5)
『0271』INV@ST為替セミナー「天海・マットの 2006年 為替で儲けたおす!」その2 (2/5)
『0270』INV@ST為替セミナー「天海・マットの 2006年 為替で儲けたおす!」その1 (2/5)
『0269』2/2木2/3金と2月1週目の損益 (2/5)
『0268』総Longはso long (2/3)
『0267』不動産投資セミナー2回目 (2/2)
『0266』日柄調整を要すると思う。 (2/2)
『0265』2/1月の損益 (2/2)
『0264』06年1月度の損益 (1/31)
『0263』N225強すぎ! (1/30)
『0262』濃密な2日間。。。疲れたケド楽しかった。 (1/30)

■■■ 著者プロフィール ■■■

■■■ mixiでのプロフはこちら ■■■

gooBLOG版(ミラーサイト)
kabuりツキ!!

アーカイブ
2004年 (127)
6月 (18)
7月 (32)
8月 (27)
9月 (36)
10月 (11)
11月 (1)
12月 (2)
2005年 (104)
1月 (36)
2月 (11)
7月 (2)
8月 (12)
9月 (19)
10月 (15)
12月 (9)
2006年 (59)
1月 (33)
2月 (24)
4月 (1)
10月 (1)


アクセスカウンタ
今日:29
昨日:82
累計:350,334


RSS/Powered by 「のブログ

[PR]



2005年08月05日(Fri)
< 『0091』あの名古屋のデイ... < 『0111』「株基金の株塾」... | [まとめ]株式投資に役立つリンク集/一覧 | 『0179』評価損益率 > 『0236』下手な投資本より...
『0178』路線価

ああ、そういう路線か。。。( -_-)=○()゜O゜)

http://allabout.co.jp/finance/inheritance/closeup/CU20010911/
------------------------------
1. 路線価とは?
8月3日に路線価が発表になりました。これは相続税の計算をする時に使うものです。土地は時価を計算するのが原則ですが、すべての土地の時価を計算するのは大変です。そこで税務署は道路に値段をつけました。これを路線価といいます。この値段に土地の面積を掛けて土地の相続の評価にしました。毎年変わります。この路線価が発表になるのが8月です。正確に言いますと今年は8月3日に全国の国税局・税務署で公表したわけです。

4. どのようにして路線価は決まりますか?
路線価は毎年1月1日を評価時点とします。
地価公示価格、売買実例価額、不動産鑑定士等による鑑定評価価額、精通者意見価格等を基に決められます。つまり専門家の意見を聞きながら税務署のほうで不公平にならないように決めるわけです。
公示価格の8割程度を基準に決まります。
-------------------------------

http://allabout.co.jp/finance/inheritance/closeup/CU20010329/index.htm?FM=lt
-------------------------------
土地がこれほど下がっても暴動が起きない理由

公示価格発表10年で4分の1に ガイド記事一覧 >>

2001/03/29
1.国土交通省は3月22日に公示価格を発表した。
公示価格とは毎年公表する1月1日時点の全国の土地価格を言う。国や自治体が用地を取得する価格や国土利用計画法に基づく土地取引の判断基準となる。土地の価格を表わす指標である。土地鑑定委員会という国土交通省の付属機関が審査して決める。2001年の調査地点は合計3万1000地点を調査したという。

2.公示価格の今回の要旨をまとめると
(1) 住宅地で前年に比べ4.2%下落
(2) 商業地で前年に比べ7.5%下落
(3) 全国平均で4.9%下落し、10年連続の下落
(4) 1991年と比べると下落率は住宅地で32.5%、商業地で58.5%の下落である
(5) 東京圏で見ると商業地で1991年と比べると商業地の下落率は74.3%となる。
-------------------------------