[まとめ]株式投資に役立つリンク集

とあるリーマンが投資&投機で金持ち父さんになるまでの日記_2004年06月から
カテゴリ
kabuりツキ!!
kabuりツキ!!/一覧 (290)




↑株式ランキング

2017年7月
           
24 25 26 27 28 29
30 31          

新着エントリ
『0290』ミクシィにメインで書込みしてます。 (10/21)
『0289』日経BPの編集長からの詫び状待ち (4/3)
『0288』取材の件 (2/28)
『0287』06年2月度の損益 (2/28)
『0286』底打ったかぁ? (2/23)
『0285』一休み、一休み。 (2/20)
『0284』正しく負けれる心を持とう。 (2/16)
『0283』今年の利益を全て溶かす。_| ̄|○ (2/14)
『0282』2/10金と2月2週目の損益 (2/11)
『0281』欲に溺れ、欲に救われる (2/9)
『0280』2/9木の損益 (2/9)
『0279』2/7火2/8水の損益 (2/9)
『0278』大損失ほどクールで。 (2/9)
『0277』まずは半値返し(゚Д゚) (2/7)
『0276』2/6月の損益 (2/7)
『0275』灯油で40万炎上_| ̄|○ (2/7)
『0274』INV@ST為替セミナー「天海・マットの 2006年 為替で儲けたおす!」その5 (2/5)
『0273』INV@ST為替セミナー「天海・マットの 2006年 為替で儲けたおす!」その4 (2/5)
『0272』INV@ST為替セミナー「天海・マットの 2006年 為替で儲けたおす!」その3 (2/5)
『0271』INV@ST為替セミナー「天海・マットの 2006年 為替で儲けたおす!」その2 (2/5)
『0270』INV@ST為替セミナー「天海・マットの 2006年 為替で儲けたおす!」その1 (2/5)
『0269』2/2木2/3金と2月1週目の損益 (2/5)
『0268』総Longはso long (2/3)
『0267』不動産投資セミナー2回目 (2/2)
『0266』日柄調整を要すると思う。 (2/2)
『0265』2/1月の損益 (2/2)
『0264』06年1月度の損益 (1/31)
『0263』N225強すぎ! (1/30)
『0262』濃密な2日間。。。疲れたケド楽しかった。 (1/30)

■■■ 著者プロフィール ■■■

■■■ mixiでのプロフはこちら ■■■

gooBLOG版(ミラーサイト)
kabuりツキ!!

アーカイブ
2004年 (127)
6月 (18)
7月 (32)
8月 (27)
9月 (36)
10月 (11)
11月 (1)
12月 (2)
2005年 (104)
1月 (36)
2月 (11)
7月 (2)
8月 (12)
9月 (19)
10月 (15)
12月 (9)
2006年 (59)
1月 (33)
2月 (24)
4月 (1)
10月 (1)


アクセスカウンタ
今日:48
昨日:39
累計:352,397


RSS/Powered by 「のブログ

[PR]



2006年01月09日(Mon)▲ページの先頭へ
『0236』下手な投資本よりためになりまくりなBlog

うーん。
このBlogはアクセスUP目的で作成していないので
あんまり他人のためになるような事をわざわざ書かなくなったんだけど

#ん、自己満足の捌け口として使っているだけ( -_-)=○()゜O゜)
#人の為にうんぬん言えるほどの実績を残せてないヤツが書くのもオコガマシイ

で、まぁたまには書きますね。(*´д`*)

「ぽんぽこ」のクールトレーディング
株式投資で必要なことは全てネットで学んだ。(回顧録 My Trading Life Part2)

これですね、下手な投資本読むくらいなら、10回以上読み直した方が
ためになりますね。

こういうハイレベルなお方のセンスを身に付けないと
相場では生き残れない。

〜読んだ事による私の感想〜

□バブルとは、相場に欲豚という豚を大量に呼込み、餌付けして、
 たっぷりと肉を孕ませる
■そしてバブルの崩壊とは、相場を屠殺場に変え、
 大量の欲豚を肉として卸し、餌付けした側が煮るなり焼くなり思うがままに
 料理すること

ということだった。


さて、「アートとしての損切り」習得するゾ!と。(゚Д゚)


2005年08月07日(Sun)▲ページの先頭へ
『0179』評価損益率

7/29三市場信用買い残の評価損益率:-4.50
※8/4(木)日経新聞発表
http://www.traders.co.jp/investment/margin/transition/transition.asp

------------------------------------------------
評価損益率
http://kw.allabout.co.jp/glossary/g_money/w001634.htm
------------------------------------------------
評価損益率とは、一般的に市場全体の信用取引の損益状況を示す指標のことを指す。
正しくは、三市場信用買い残の評価損益率というが、「信用評価損益率」、「評価損益率」という言い方が一般的。信用買いをしている人が、平均してどのくらいの損益を抱えているかを見る指標。通常は0%から−20%の範囲を動き、0%近くならば株式市場は過熱して天井が近い可能性が高く、−20%近くになると、底値が近い可能性が高いサインとみる。中長期的なトレンド転換点を探る上で、比較的信頼性の高い指標と言われている。この指標は、木曜日の日経新聞朝刊のマーケット総合欄に掲載されている。

------------------------------------------------
信用評価損益率
http://money.www.infoseek.co.jp/MnStock/mn_mguide.html?k=10
------------------------------------------------
信用残高の動向が全体の相場に大きな影響を与えますが、どの程度の影響が将来現れるかをみるのに信用評価損益率があります。これは信用取引で株を買った投資家の評価損の度合いを示す数値であり、相場の天井、底値、暴落の局面を予測することができるといわれています。
信用評価損益率の計算方法は、直近の信用取引の時価である3市場の買い残から、信用買いの推定建て値を差し引き、評価損益を求める。これを3市場の買い残で割った比率となります。
読み方としては、評価損益率が3%を割り込んでくると天井圏としています。信用買いをした人の建玉のわずか3%が評価損ということは、多くの人が儲かっている状態で、相場全体が頂点に達したことを表しているといわれているようです。
一方、下げ相場から評価損益率が10%を超えてくると、「追証」がかかる水準といわれています。多くの場合が、連続して追証がかかる急落局面につながる傾向があります。また、15%程度まで悪化すると大底打ちとなることが多いようです。
powered by(株)フィスコ
------------------------------------------------



2005年08月05日(Fri)▲ページの先頭へ
『0178』路線価

ああ、そういう路線か。。。( -_-)=○()゜O゜)

http://allabout.co.jp/finance/inheritance/closeup/CU20010911/
------------------------------
1. 路線価とは?
8月3日に路線価が発表になりました。これは相続税の計算をする時に使うものです。土地は時価を計算するのが原則ですが、すべての土地の時価を計算するのは大変です。そこで税務署は道路に値段をつけました。これを路線価といいます。この値段に土地の面積を掛けて土地の相続の評価にしました。毎年変わります。この路線価が発表になるのが8月です。正確に言いますと今年は8月3日に全国の国税局・税務署で公表したわけです。

4. どのようにして路線価は決まりますか?
路線価は毎年1月1日を評価時点とします。
地価公示価格、売買実例価額、不動産鑑定士等による鑑定評価価額、精通者意見価格等を基に決められます。つまり専門家の意見を聞きながら税務署のほうで不公平にならないように決めるわけです。
公示価格の8割程度を基準に決まります。
-------------------------------

http://allabout.co.jp/finance/inheritance/closeup/CU20010329/index.htm?FM=lt
-------------------------------
土地がこれほど下がっても暴動が起きない理由

公示価格発表10年で4分の1に ガイド記事一覧 >>

2001/03/29
1.国土交通省は3月22日に公示価格を発表した。
公示価格とは毎年公表する1月1日時点の全国の土地価格を言う。国や自治体が用地を取得する価格や国土利用計画法に基づく土地取引の判断基準となる。土地の価格を表わす指標である。土地鑑定委員会という国土交通省の付属機関が審査して決める。2001年の調査地点は合計3万1000地点を調査したという。

2.公示価格の今回の要旨をまとめると
(1) 住宅地で前年に比べ4.2%下落
(2) 商業地で前年に比べ7.5%下落
(3) 全国平均で4.9%下落し、10年連続の下落
(4) 1991年と比べると下落率は住宅地で32.5%、商業地で58.5%の下落である
(5) 東京圏で見ると商業地で1991年と比べると商業地の下落率は74.3%となる。
-------------------------------

2004年09月26日(Sun)▲ページの先頭へ
『0111』「株基金の株塾」さんは、私の新しい先生です!!

■世の中には、株式投資だけで生計を立てているプロの方がいらっしゃいますが、
 この株基金の株塾さんのブログも、そんなプロの方が作成されています。

■私の様な素人は、安定した利益を出せる手法に行き着くまでには、
 いかに良い手法を学び取り、真似して、自分の手法として取り込めるか?
 に尽きると私は思っております。

■今回、アタマの奥に衝撃が走った手法が、以下の内容です。
 9月15日株塾:移動平均線(3日と9日)とボリンジャーバンドだけのシンプル投資

■今までの私は、一目均衡表とストキャスに、ネットや掲示板などの情報収集をし、
 自分の度胸を込めての株式売買でした。
 3と9のゴールデンクロス&デットクロスは大変シンプルで判り易く、
 ボリンジャーバンドの幅は板を見ずに値幅の上下の限度を予測することができます。

■これに市場のセンチメントというか地合を加味して判断すれば、
 ザラバが見れない場合であっても、@逆指値での損切り値の指定だけでなく、
 Aボリンジャーの上限辺りの少し下に値に通常指値の手仕舞い注文を入れておけば、
 一番美味しい場面が知らない間に訪れていても売り抜けができそうです。


■どうすれば利益を出せるか?という光を照らしてくれる素晴らしいBlogと思います!!(^o^)/
 私にとって新しい投資の先生が追加されました!



〜ランキングへの1クリックをお願い致します。m(__)m 〜



2004年09月06日(Mon)▲ページの先頭へ
『0091』あの名古屋のデイトレーダーさんのブログだ!

すでにご存知の方も多いと思いますが、
先日のガイアの夜明けで紹介された1年半で300万円を1億6000万円にした
あの28歳のデイトレーダーさんがω--HANABI のデイトレ日記--ωというBlogを開設されています。

カウンターは、1日で軽く1万カウント越えしそうな勢いです。

かなりの手口公開をして下さる様で、デイトレさんには必見の内容です。

私もデイトレ派という訳ではないんですが、毎日チェックするでしょう。。。(^^ゞ

へぇ〜初めて知ったよ。というお方の1クリックをお願い致します。m(__)m


2004年09月02日(Thu)▲ページの先頭へ
『0080』ネット証券評議会とMBH。

のブログさんのメンテなのか、サーバトラブルなのか判りませんが、
9/1(水)22:00〜9/2(木)01:00くらいまで参照できませんでした。

ライブドアさんでもつい最近、サーバ障害ありましたね。
無料ですから、文句は言えませんが、ちょっとヘコみますよねぇ。

そんな話はさておき、
■ネット証券評議会参加各社における売買代金の上位15銘柄を毎週公表

−−−転記ここから−−−
インターネット経由の手口公開が、個人投資家動向を探る際の有用情報になると考え、各種ランキングを一般公開します。
−−−転記ここまで−−−

この個人投資家動向を公開すると誰が得するか?でMBHと意見が分かれているみたいですね。

〜9/1のマネックスメールの<マネックス社長 松本大のつぶやき>より〜
−−−転記ここから−−−
因みにお客様の手口の公開サービスは致しません。お客様がどのようなポ
ジションを持たれているかを(プロなどに)知られることは、お客様の投資や
トレーディングにとって有益ではないと考えているからです。個人投資家の皆
様にとって最良のサービスとは何か、をこれからも真剣に考え、実施していき
たいと存じます。
−−−転記ここまで−−−

個人投資家心理的にはMBHの松本社長の発言にグッときますが、
4社合同のネット証券評議会の主たる目的は、東証への夜間取引開始実現ですから、東証に対してウケの良い活動の1つとして、情報開示などの活動が必要なのでしょう。
#夜間取引が実現すると?→売買機会の増大=売買手数料(売上)の増大
#単純に前場・後場から夜(夕?)場が増えるのですから、低く見積もっても30%くらいは売上拡大が狙えますよね

そういう意味ではマネックスナイターで先行しているMBHに、
この4社が別路線で追い上げをしている様に見えますね。
#マネナイの9月からの手数料500円への値下げは魅力的ですね!

〜 ネット証券評議会の売買代金の上位15銘柄を初めて知ったというお方の1クリックをお願い致します。m(__)m 〜


2004年06月30日(Wed)▲ページの先頭へ
『0017』株式分割情報。。。

いつも、1日遅れで知っていて、何処で取得できるのだろうと、
ほぼ時差なく開示されておられる方に失礼ながらも教えてクンをさせて頂きました。
株式分割実施の発表
本日後場に、9427イー・アクセスが7月末の株主に1対5の株式分割を実施すると発表。権利付最終日は7月26日。...


株式シンデレラ物語 様から
東証の「適時開示情報閲覧サービス」(HPの左真ん中あたり)や
 大証の「上場会社開示情報」(HPの右下あたり)を利用すると
 各社のIRを早く知ることができます。
 まめにチェックすることをお勧めいたします。 」
と大変嬉しいお返事を頂けました!m(__)mm(__)mm(__)m

私も質問をさせて頂いてから気になりまして、ネットで検索しまくり、

NIKKEI NET「総合企業情報-IRデータファイル-ディスクロージャー」
 
でほぼリアルに更新されることを発見致しました!(^^ゞ

この種の企業の開示情報は初動を如何に早くできるかで、
利益に大差がついてしまうと、痛感します。
#活用できるほど、資産がまだないですが。(T_T)

ホント、大変有益な情報、ありがとうございます。m(__)m

2004年06月27日(Sun)▲ページの先頭へ
『0009』株系ブログの諸先輩な方々。

今日はネットサーフィンしてて、勉強になりました。

人気blogランキング−株式・投資 Ranking

このランキング上位な方々は利益を上げ、内容も充実してます。
運用実績を伴う内容は、読んでいて刺激がいっぱいです。(笑)

私の方は、ブログのランキングは目先どうでもよく、
何しか実績を出すのが最優先です。私の幸せは儲けてナンボです。(^^ゞ
そして、実績が出て行けば、読んで下さる方も増えるものだと思います。

ですので、私のブログを何故か見つけてしまった方は、
上位ランキングの方のブログを参考にされて下さいませ。m(__)m

『0008』読んで投資の勉強になるリンク集

投資の幅を広げてくれると感じたモノだけ掲載します!
※随時リンク先は更新して行きます

1)J-Coffeeの株式投資日記
  ■コバンザメ投資法を編出された方です。
  ジンベイザメ(証券会社)VSコバンザメ(個人投資家)
  の部分は読んでいて楽しいです。
 ■心に残る株式格言(上・下巻)
  これが私の中では心の隙間に浸み込んでいきました。
  一度は目を通しておいて損はありません。
  今のところ、私の株式投資における座右の銘は、
  『頭と尻尾は、猫にくれてやれ』
  です。
  「天井と底値に近い部分はあきらめ、
   効率の良い真中の上昇で儲けて満足すべきです。」
  という意味なのですが、実際は、
  「嗚呼、ここで売り(買い)してればこんなに儲けたのに」
  という取引後の後悔をこの言葉で自分に言い聞かせてます。(T_T)
 ■特選リンク集
  ここのリンク先はすべて一通り目を通すをオススメします。
  有益情報が多すぎて困るくらいです。。。(^^ゞ

2)MBA投資銀行マンの株式投資
  ■これは最近知ったばかりなので本当は教えたくないんですがf(^^;
  インボイスの戦略や、売り時・買い時のまとめ、
  その他の爆騰銘柄の予想を載せてます。
  儲かるエキスが詰まっている感じです。
  まっ、掲示板で知ったのだから、知ってる人は知っているんでしょうね。

『0007』株式情報 定番リンク!

私が良く利用しているものだけを厳選して掲載します。
※随時リンク先は更新して行きます
※リンク先アドレスをカット&ペーストして参照して下さい。

1)YAHOO!ファイナンス
http://quote.yahoo.co.jp/
 ■定番中の定番です。自分のYAHOO IDでログインして利用すれば、
  ポートフォリオという自分専用の銘柄一覧が作成できます。
  現在の取引値や、チャート、自分の持ち株数と利益も表示できます。
  いくつも作成できるので「保有銘柄」「注目銘柄」「メガバンク系」など、
  自分の好みで銘柄管理できます。
 ■一番利用するのは、連動している銘柄別掲示板です。
  2ちゃんねるとこのYHAOO掲示板が2大勢力と感じております。
  人気のある銘柄なのかは掲示板の動きを見ていれば判ってきます。
 ■値上がり、値下がりランキングなども良くチェックします。
 ※これらの情報が全て無料というトコロにYAHOOの凄さを感じます。

2)TRADER'S WEB(トレーダーズウェブ)
 http://www.traders.co.jp/index.html
 ■これも知ってからは、かかさずチェックする様になりました。
  分割銘柄一覧、STOP高銘柄などはいつもここでチェックです。
  かなりクールな情報満載で無料ちゅうのが凄いです。
 ■有料のプレミアム会員が月3万円らしいけど、株で儲けたら
  なってみたいとマジで思っています。(笑)

3)livedoor ファイナンス
 http://finance.livedoor.com/
 ■YAHOOと覇権を争っているページだと思います。
  後発な分、かなりYAHOOを意識して、使い易さを改善していると感じます。
  とりあえず、YAHOOと2本立てで利用して、肌が合う方で良いかな?と思います。