『0272』INV@ST為替セミナー「天海・マットの 2006年 為替で儲けたおす!」その3


カテゴリ
kabuりツキ!!
kabuりツキ!!/一覧 (290)




↑株式ランキング

2006年2月
     
5
       

新着エントリ
『0290』ミクシィにメインで書込みしてます。 (10/21)
『0289』日経BPの編集長からの詫び状待ち (4/3)
『0288』取材の件 (2/28)
『0287』06年2月度の損益 (2/28)
『0286』底打ったかぁ? (2/23)
『0285』一休み、一休み。 (2/20)
『0284』正しく負けれる心を持とう。 (2/16)
『0283』今年の利益を全て溶かす。_| ̄|○ (2/14)
『0282』2/10金と2月2週目の損益 (2/11)
『0281』欲に溺れ、欲に救われる (2/9)
『0280』2/9木の損益 (2/9)
『0279』2/7火2/8水の損益 (2/9)
『0278』大損失ほどクールで。 (2/9)
『0277』まずは半値返し(゚Д゚) (2/7)
『0276』2/6月の損益 (2/7)
『0275』灯油で40万炎上_| ̄|○ (2/7)
『0274』INV@ST為替セミナー「天海・マットの 2006年 為替で儲けたおす!」その5 (2/5)
『0273』INV@ST為替セミナー「天海・マットの 2006年 為替で儲けたおす!」その4 (2/5)
『0272』INV@ST為替セミナー「天海・マットの 2006年 為替で儲けたおす!」その3 (2/5)
『0271』INV@ST為替セミナー「天海・マットの 2006年 為替で儲けたおす!」その2 (2/5)
『0270』INV@ST為替セミナー「天海・マットの 2006年 為替で儲けたおす!」その1 (2/5)
『0269』2/2木2/3金と2月1週目の損益 (2/5)
『0268』総Longはso long (2/3)
『0267』不動産投資セミナー2回目 (2/2)
『0266』日柄調整を要すると思う。 (2/2)
『0265』2/1月の損益 (2/2)
『0264』06年1月度の損益 (1/31)
『0263』N225強すぎ! (1/30)
『0262』濃密な2日間。。。疲れたケド楽しかった。 (1/30)

■■■ 著者プロフィール ■■■

■■■ mixiでのプロフはこちら ■■■

gooBLOG版(ミラーサイト)
kabuりツキ!!

アーカイブ
2004年 (127)
6月 (18)
7月 (32)
8月 (27)
9月 (36)
10月 (11)
11月 (1)
12月 (2)
2005年 (104)
1月 (36)
2月 (11)
7月 (2)
8月 (12)
9月 (19)
10月 (15)
12月 (9)
2006年 (59)
1月 (33)
2月 (24)
4月 (1)
10月 (1)


アクセスカウンタ
今日:17
昨日:36
累計:345,915


RSS/Powered by 「のブログ

[PR]



2006年02月05日(Sun)
< 『0270』INV@ST為替... < 『0271』INV@ST為替... | [報告]各種セミナーレポート/一覧 | 『0273』INV@ST為替... > 『0274』INV@ST為替...
『0272』INV@ST為替セミナー「天海・マットの 2006年 為替で儲けたおす!」その3

流石はマット今井さん、時間ギリギリまで個人が感じるべき情報を
的確にご教授して頂けた。これが今回の最高の収穫。素晴しい!!(゜▽゜)

=============================
●第2部  (14:30〜15:15) 『2006年の為替相場展望』(45分)
 講師  マット今井氏 
=============================
・会社では400〜500億円を運用

<相場予想をするにあたって>
1.単純に考える
  どの材料が重要なのかを見極める
2.長期的な視野を持った上で、短期的に考えていく。」
3.状況に応じて、柔軟に修正していく

<私の予想>
■ドル相場と円相場は分けて考える
◆ドル相場は年前半はもみ合い
 →ドル上昇→ドル下落サイクルへ
 (来年まで延びる可能性も)
→年初の各誌予想はドル崩落で予想
 ジムなどのスタンスは5年くらいで考えている
→得てして、予想の逆もしくは、予想は時期が遅れてやってくる。

◆他の通貨では、円安は少なくとも今年一杯は続く。
 →ただし、スピードは緩やか

《今年の4つのテーマ》
1.商品相場の動向
 →イチバン大事!!2.3.4.に影響しあっている
2.アメリカの経済の行方
3.日本の金融政策
4.中国の動向

『1.商品相場の動向』
 鍵を握る商品相場
 商品相場が高いまま
 →世界中インフレが収まらない
  中央銀行は物価を安定させるのが役目=インフレを起こさない
  →各国は金利を上げないといけない
 →日本が利上げがイチバン遅れる(上げたいが上げれない)
  ・日本の賃金が上がって来ている(インフレ傾向が出てきた)
   このまま物価が少しずつ上がる
 →益々円安になる

 <原油>
 ・OPECは20ドルから50ドルに最低値段を上げてきた
  産油国は原油を下げる気はないととれる

『2.アメリカの経済の行方』
・ジャパンマネーの威力
◆リスクマネーがあらゆるところに向かう。
 投信2000兆円1000兆円がアメリカ、日本は55兆円で世界9位
 まだまだ日本は伸びると予想します
◆ドルなどへの影響は小さいが、市場の小さい通貨に対しては、影響大きい
 外貨建て購入金額1位NZ2位オーストラリア
 NZの経済規模から見れば大きすぎる
 →嫌がっても金利が高いためマネーは向かっていく。。。影響が大きい
・懐の深いアメリカ経済
◆景気はピークアウトしているが、
 みんなが予想しているより持ちこたえる。
  しかし
◆年後半から来年にかけて減速の恐れ
 〜原因は行き過ぎた利上げ

『3.日本の金融政策』
・日本の金利がゼロのまま
◆今春、量的緩和解除へ
 →しかし、それでも金利は当面ゼロのまま
→半年は金利が実際にかかるまでかかる。遅行する
 →実際は今年末くらいではないか?
☆規制緩和が宣言されるとマーケットは混乱するが、元に落ち着く
◆日本のゼロ金利の終焉とともに円安相場も終わる
 →ドル以外の各通貨が、00年より対円で1.6倍から1.2倍に価値を上げている

『4.中国の動向』
・米中の経済摩擦リスク
◆中国は大幅な切り上げをするつもりはなし
☆中国の社会問題は貧富の差
 農村部との貧富の差が激しい
→米中の貿易不均衡拡大
・中国の貿易黒字は急拡大
 →対アメリカとの黒字が最大
→米中間選挙のころに、人民元の切り上げ圧力。
◆中国人民銀行の外貨準備比率の見直し
 米ドルが8割その他ユーロなど
 そのドル比率を下げ、ユーロ比率が上がる可能性がある

<最悪のシナリオ?>
インフレ加速→バーナンキが金利上げ継続→ドルが強くなる
→アメリカ経済の崩壊の恐れ→ドルの暴落
◆ドル安リスクになる可能性あり

<プロvs個人投資家>
行動パターンの違い
プロには個人の動きが理解できない
→従って、個人主導市場ではプロは勝てないことがよくある。
例えばNZの国の格付けが下がり、プロは売るが個人が金利で買うことで
逆に相場が上がる。。。価値観の違いを読む。流れを読む

<投資をするに当たっては>
・自分の投資方法(短期・長期)に合わせた相場予想を
・「トレンドの中でも、行き過ぎれば調整が入る。」
・「喉元過ぎれば熱さを忘れる」
・長期の移動平均線との乖離を見るのをオススメします。200日線など=============================