[報告]各種セミナーレポート

とあるリーマンが投資&投機で金持ち父さんになるまでの日記_2004年06月から
カテゴリ
kabuりツキ!!
kabuりツキ!!/一覧 (290)




↑株式ランキング

2017年7月
           
24 25 26 27 28 29
30 31          

新着エントリ
『0290』ミクシィにメインで書込みしてます。 (10/21)
『0289』日経BPの編集長からの詫び状待ち (4/3)
『0288』取材の件 (2/28)
『0287』06年2月度の損益 (2/28)
『0286』底打ったかぁ? (2/23)
『0285』一休み、一休み。 (2/20)
『0284』正しく負けれる心を持とう。 (2/16)
『0283』今年の利益を全て溶かす。_| ̄|○ (2/14)
『0282』2/10金と2月2週目の損益 (2/11)
『0281』欲に溺れ、欲に救われる (2/9)
『0280』2/9木の損益 (2/9)
『0279』2/7火2/8水の損益 (2/9)
『0278』大損失ほどクールで。 (2/9)
『0277』まずは半値返し(゚Д゚) (2/7)
『0276』2/6月の損益 (2/7)
『0275』灯油で40万炎上_| ̄|○ (2/7)
『0274』INV@ST為替セミナー「天海・マットの 2006年 為替で儲けたおす!」その5 (2/5)
『0273』INV@ST為替セミナー「天海・マットの 2006年 為替で儲けたおす!」その4 (2/5)
『0272』INV@ST為替セミナー「天海・マットの 2006年 為替で儲けたおす!」その3 (2/5)
『0271』INV@ST為替セミナー「天海・マットの 2006年 為替で儲けたおす!」その2 (2/5)
『0270』INV@ST為替セミナー「天海・マットの 2006年 為替で儲けたおす!」その1 (2/5)
『0269』2/2木2/3金と2月1週目の損益 (2/5)
『0268』総Longはso long (2/3)
『0267』不動産投資セミナー2回目 (2/2)
『0266』日柄調整を要すると思う。 (2/2)
『0265』2/1月の損益 (2/2)
『0264』06年1月度の損益 (1/31)
『0263』N225強すぎ! (1/30)
『0262』濃密な2日間。。。疲れたケド楽しかった。 (1/30)

■■■ 著者プロフィール ■■■

■■■ mixiでのプロフはこちら ■■■

gooBLOG版(ミラーサイト)
kabuりツキ!!

アーカイブ
2004年 (127)
6月 (18)
7月 (32)
8月 (27)
9月 (36)
10月 (11)
11月 (1)
12月 (2)
2005年 (104)
1月 (36)
2月 (11)
7月 (2)
8月 (12)
9月 (19)
10月 (15)
12月 (9)
2006年 (59)
1月 (33)
2月 (24)
4月 (1)
10月 (1)


アクセスカウンタ
今日:48
昨日:39
累計:352,397


RSS/Powered by 「のブログ

[PR]



2006年02月05日(Sun)▲ページの先頭へ
『0274』INV@ST為替セミナー「天海・マットの 2006年 為替で儲けたおす!」その5

番外編。。。

この会場であった東京証券会館、
平日だったらたくさんの証券関連資料が図書館として見放題であり、
一度は来たいとは思っていた。
#休日なので当然、見れず。_| ̄|○

あと、私が大キライなジャスダックが各フロアに渡り
入居しておりました!!(゚Д゚)

・1約定当り1000円上乗せする手数料
・仲介の証券会社にサヤ取りされている臭い匂いがプンプンする
 マーケットメイク制度

真面目にスクリーニングした結果、MM(マーケットメイク)銘柄
だった時、凄く萎える。_| ̄|○
本気で流動性確保のためと言っていますが、
逆に流動性を失っていると思うのはワタシだけでしょうか???

1000円の手数料なんてもう、発狂ものですね。
ジャスダックの株式があるなら、買占めしたいですよ。
バフェットの有料ブリッジを地で行っていますから。

本当にジャスダックは嫌な証券取引所だと思われ。(゚Д゚)

脱線しました。

この証券会館の対面にライドア証券があって、
ちょっと(プッ)って噴出したワタシがおりました(´・ω・`)

以上、レポートお終い!!(゜▽゜)


『0273』INV@ST為替セミナー「天海・マットの 2006年 為替で儲けたおす!」その4

ここでは、自称ギャンブラー(笑)としていた山根さんが光っていました。

=============================
●第3部 (15:20〜16:00) パネルディスカッション
 『わたしのFX連勝法を公開します』(40分)
 パネラー
 ◆山根亜希子氏
  『外貨で月20万稼ぎ続けている私の連勝法』(明日香出版社) 著者   
 ◆横尾寧子氏
  『これなるわかる外貨投資のはじめ方』(成美堂出版)著者
 ◆司会:天海源一郎氏
=============================
(以下、敬称略)
天海源一郎:
為替の世界では、実需1割、投機9割

山根亜希子:
・1万通貨単位でポジションを持つ1・2円の利益を取る
 大きなポジションを最初取っていた
 利食いして上がると思えば買いなおし
 ドルが苦手、ポンドでイチバン儲けている

横尾寧子:
・為替は短期で売買、最初は1万通貨単位で打診で買い、少しずつ上乗せしている
 相対取引なら早くポジションを閉じる

山根:
ドルだとニュースが多すぎる。
日本のマスコミは、昔関係していたので信じていない

横尾:
商品市況を重要視している→為替に影響している
商品市況、例えば原油が上がるとオイルマネーが強くなる
このお金が為替をどう

山根:
ギャンブラー(笑)な私としてはポンドは上がる、原油高は産油国の通貨が上がる
チャートが綺麗だと裏の力が作用してそのチャートの継続率は高い

横尾:
移動平均、一目でGC、DC、持合、などをシンプルに見ている

山根:
綺麗なチャートは誰かが動かしている。例えば海外のヘッジファンドなどが
機械的なシステムトレードをしていると読んでいます。

天海:
ニュースは何で取ってますか?

山根:
新聞は信用していない。
ネットは良悪はあるが、真実が流れる可能性が高い。マスコミは真実が流れ辛い

横尾:
ネットが中心
大きなニュースとして新聞を利用する

天海:
これまでのイチバンの成功例は?

山根:
大きく狙うのは年に数度くる暴落を怖いところを反転を確認して買う
売りはワナを仕掛けます。ヘッジファンドみたく(笑)

横尾:
ライブドアショック時に海外までニュースが流れたので一時的に売られると読んで
取りました。

天海:
イチバンの失敗例は?

山根:
円高時にフルポジションで買い立て、暴落、強制決済された。
結果、売りもできなきゃと感じた。

横尾:
年末に仕事が立て込み、体調も崩した時に、ほっぽかした時に
暴落が来て、ヤラレタ。自分の執筆した本が手元に届いた日で。笑えません(笑)

山根:
損切りしない。高値では両建てしてスワップを取る

天海:
目先、どのような投資が良いと思いますか?

横尾:
アメリカドルの不安。イラクへの軍事予算増。などを勘案していると、
今はどの金融商品でも、中長期で見るのは怖い。短期でやる。
リスク回避でスイスが買われるのではないか?
NZ、豪が良いのではないか?

山根:
斜に構えてみる。冬のボーナスとアメリカの本国投資法で、油断している時に一回暴落来ると思っていた。
ヘッジファンドは裏を裏を取ってくる。外国人が売り抜けてくるのは、円が高い時。
円高+株価高時に仕掛けてくると思われる。

天海:
最後に一言

山根:
今日は商品で呼ばれたと思いコーヒーやゴムの話が聞けるとワクワクしていた。違いましたが(笑)

横尾:
商品が来ている、資源株も強い。その視点から見られることをオススメします。
=============================

『0272』INV@ST為替セミナー「天海・マットの 2006年 為替で儲けたおす!」その3

流石はマット今井さん、時間ギリギリまで個人が感じるべき情報を
的確にご教授して頂けた。これが今回の最高の収穫。素晴しい!!(゜▽゜)

=============================
●第2部  (14:30〜15:15) 『2006年の為替相場展望』(45分)
 講師  マット今井氏 
=============================
・会社では400〜500億円を運用

<相場予想をするにあたって>
1.単純に考える
  どの材料が重要なのかを見極める
2.長期的な視野を持った上で、短期的に考えていく。」
3.状況に応じて、柔軟に修正していく

<私の予想>
■ドル相場と円相場は分けて考える
◆ドル相場は年前半はもみ合い
 →ドル上昇→ドル下落サイクルへ
 (来年まで延びる可能性も)
→年初の各誌予想はドル崩落で予想
 ジムなどのスタンスは5年くらいで考えている
→得てして、予想の逆もしくは、予想は時期が遅れてやってくる。

◆他の通貨では、円安は少なくとも今年一杯は続く。
 →ただし、スピードは緩やか

《今年の4つのテーマ》
1.商品相場の動向
 →イチバン大事!!2.3.4.に影響しあっている
2.アメリカの経済の行方
3.日本の金融政策
4.中国の動向

『1.商品相場の動向』
 鍵を握る商品相場
 商品相場が高いまま
 →世界中インフレが収まらない
  中央銀行は物価を安定させるのが役目=インフレを起こさない
  →各国は金利を上げないといけない
 →日本が利上げがイチバン遅れる(上げたいが上げれない)
  ・日本の賃金が上がって来ている(インフレ傾向が出てきた)
   このまま物価が少しずつ上がる
 →益々円安になる

 <原油>
 ・OPECは20ドルから50ドルに最低値段を上げてきた
  産油国は原油を下げる気はないととれる

『2.アメリカの経済の行方』
・ジャパンマネーの威力
◆リスクマネーがあらゆるところに向かう。
 投信2000兆円1000兆円がアメリカ、日本は55兆円で世界9位
 まだまだ日本は伸びると予想します
◆ドルなどへの影響は小さいが、市場の小さい通貨に対しては、影響大きい
 外貨建て購入金額1位NZ2位オーストラリア
 NZの経済規模から見れば大きすぎる
 →嫌がっても金利が高いためマネーは向かっていく。。。影響が大きい
・懐の深いアメリカ経済
◆景気はピークアウトしているが、
 みんなが予想しているより持ちこたえる。
  しかし
◆年後半から来年にかけて減速の恐れ
 〜原因は行き過ぎた利上げ

『3.日本の金融政策』
・日本の金利がゼロのまま
◆今春、量的緩和解除へ
 →しかし、それでも金利は当面ゼロのまま
→半年は金利が実際にかかるまでかかる。遅行する
 →実際は今年末くらいではないか?
☆規制緩和が宣言されるとマーケットは混乱するが、元に落ち着く
◆日本のゼロ金利の終焉とともに円安相場も終わる
 →ドル以外の各通貨が、00年より対円で1.6倍から1.2倍に価値を上げている

『4.中国の動向』
・米中の経済摩擦リスク
◆中国は大幅な切り上げをするつもりはなし
☆中国の社会問題は貧富の差
 農村部との貧富の差が激しい
→米中の貿易不均衡拡大
・中国の貿易黒字は急拡大
 →対アメリカとの黒字が最大
→米中間選挙のころに、人民元の切り上げ圧力。
◆中国人民銀行の外貨準備比率の見直し
 米ドルが8割その他ユーロなど
 そのドル比率を下げ、ユーロ比率が上がる可能性がある

<最悪のシナリオ?>
インフレ加速→バーナンキが金利上げ継続→ドルが強くなる
→アメリカ経済の崩壊の恐れ→ドルの暴落
◆ドル安リスクになる可能性あり

<プロvs個人投資家>
行動パターンの違い
プロには個人の動きが理解できない
→従って、個人主導市場ではプロは勝てないことがよくある。
例えばNZの国の格付けが下がり、プロは売るが個人が金利で買うことで
逆に相場が上がる。。。価値観の違いを読む。流れを読む

<投資をするに当たっては>
・自分の投資方法(短期・長期)に合わせた相場予想を
・「トレンドの中でも、行き過ぎれば調整が入る。」
・「喉元過ぎれば熱さを忘れる」
・長期の移動平均線との乖離を見るのをオススメします。200日線など=============================



『0271』INV@ST為替セミナー「天海・マットの 2006年 為替で儲けたおす!」その2

昔はランキングUPのため、自分の汗したレポートをUPしてましたが、
アフェリエイトもしてないし、ランキングUPも意味無いので、
最近は自分のエゴだけをUPしていました。(*´д`*)

でもですね、たくさんの株式仲間もできまして、
エゴだけ見て頂くのもチョビっと心が痛みましたので(笑)
今回の私の速打したレポートをドーンと投稿しますね。(゜▽゜)
※会場に来ていたのが約300名、このBlogの1日平均100アクセス
 これぐらいの人数に折込済みです(笑)

※以後の投稿は私が勝手にレポートの内容の覚書きをしたものです。
 私の打ち間違い、勘違いで講師の意図の逆を書いている可能性もあります。
 内容の精度は保障の限りではございません。自己責任でお願いします。m(__)m

=============================
●第1部 (13:30〜14:20) 『儲けている投資家が秘密にしていること』(50分)
 講師 天海 源一郎氏      
=============================
・ラジオのDJから(マスコミ)
・今日の参加の皆さん、株は100%、商品先物+為替が60〜70%を実践されてますね
・経済が詳しい事と儲かる事は別
 経済の原則が詳しい事が設けられるとは限らない
・自分より知性が落ちると思われる人が儲けているのは何だろう?
・自分の成績、株は10戦中6勝4敗 4敗の損を小さくする損切りで相対的に利益としている
・LTCMの破綻は学問が秀でてても100%儲けることとはならない事をある意味証明している
 →ロシアの通貨危機がきっかけ
・ヒューザが最近までいた事務所は、鉄筋量1.3倍だそうで(笑) 
・相場の中長期のトレンドを常に意識していることが必要
・スタイルは儲け次第で変化する
 短期か長期かははじめから決めてかかる必要はない
 長い目で見る・・・とかをいつも言う人の心理
 →投資に臆病なだけではないか?
・売買しながら相場の方向性を測っている
 →相場に執着があるから自然に測ることになっている
・失敗したらすぐに逃げている
・損切り点をいつも聞かれるが、いつも困るので、
 株では8%で答えてるが、本当は10%、8%ぐらいで損切りの
 気持ちの準備をしている(笑)
・為替の予想、これから落ちそうなのは、豪ドル
 中国からの資源需要が買い材料はもう織り込まれたのではないか?
・商品先物の予想、貴金属、ゴム等は押し目待ち→暴落待ち
・株式の予想、8059第一実業 相場が上げを待っているのではないか?
 住金物産もそう
=============================

『0270』INV@ST為替セミナー「天海・マットの 2006年 為替で儲けたおす!」その1

現在、商品先物と為替FXで低価格手数料でネットのデファクトを狙う
野心的な三貴商事のセミナーに行ってきました。
マット今井さんの講義が無料で直に聞けるのはそうないだろうと、
同日に合った明治物産のセミナーを断ってこちらに来ました。(´・ω・`)

まずは、内容を転載します。
=============================
INV@ST為替セミナー「天海・マットの 2006年 為替で儲けたおす!」
=============================
日時:2006年2月4日(土)午後1時半 〜 午後4時
会場:東京証券会館8階大ホール(東京都中央区茅場町)
定員:300名
●第1部 (13:30〜14:20) 『儲けている投資家が秘密にしていること』(50分)
 講師 天海 源一郎氏      
 週刊現代でおなじみの株式評論家、
 12月13日発売『2006年 株・為替・商品で儲けたおす』著者

●第2部  (14:30〜15:15) 『2006年の為替相場展望』(45分)
 講師  マット今井氏   
 元UFJ銀行チーフディーラー、
 17年間1年もマイナスなく勝ち続けた常勝ディーラー

●第3部 (15:20〜16:00) パネルディスカッション
 『わたしのFX連勝法を公開します』(40分)
 パネラー
 ◆山根亜希子氏
  『外貨で月20万稼ぎ続けている私の連勝法』(明日香出版社) 著者   
 ◆横尾寧子氏
  『これなるわかる外貨投資のはじめ方』(成美堂出版)著者
 ◆司会:天海源一郎氏

●投資相談個別受付(16:00〜16:45)
 会場内の投資相談コーナーで弊社スタッフによる為替取引に関する
  ご質問ご相談をお受けいたします。
 同時に「くりっく365」ならびに「Tokyo FX-24」のデモも
 行いますのでお気軽にお立ち寄りください。

参加費:無料INV@STに口座をお持ちでないお客様もご参加いただけます。)
参加特典:「2006年 株・為替・商品で儲けたおす」(芸文社)
     天海源一郎責任編集をプレゼント。
主催:三貴商事株式会社


2006年02月02日(Thu)▲ページの先頭へ
『0267』不動産投資セミナー2回目

合計6回開催の3か月コース
http://financialacademy.jp/seminar/802.html
--------------
第2回
--------------
2006年2月1日(水) 19:00〜21:00
物件検索・現地調査を学ぶ
・オンラインでの情報サイト、チェック方法
・不動産業者との付き合い方
・物件現地はここを見る

(U.S.エデュケーション・ネットワーク 銀座校)第2教室
--------------

今日はコレに行って来ました。
昨日は歯医者で抜歯されたら、痛みとショックで寝てしまいました。。。

50人の満席でまぁ、良い勉強になりました。

しかし、あれですね。
終了した後、質問を受け付けてくれるんですが、
後に残るの前回と同じ6・7人だけなんですよね。

セミナーだけでも確かに良いのですが、
こういう質問時間に1対1で話せる機会の重要性を理解できていない方の
多い事、多い事、関東の方は特にそうなんでしょうかねぇ

私なんか、関西のオバちゃん根性よろしく、1円でも元を取ろうと思い
質問しまくりです。
あと、他人の質問も大変ためになります。
自分と違う視点で出る質問は同じ投資家心理の違う側面を
捕えることができ、自分の相場観を養うのに大変役立ちます。

人それぞれに独自の環境で不動産投資を考えている、
その人の視点での質問は自分ではまず、思い付かない内容です。

これらだけでも聞くだけで価値があるのに、
終了次第に直ぐ帰る。。。まっ、俺が損するワケではないから
どうでもイイっちゃ、それまでなんだが。。。(´・ω・`)

俺はいつでも、儲け話にはハングリーだゼ!!(゚Д゚)




2006年01月30日(Mon)▲ページの先頭へ
『0262』濃密な2日間。。。疲れたケド楽しかった。

うーん。実に密度が濃かった。
ぶっちゃけ疲れた。(*´д`*)

おかげ様で投資家としての基本のキである、
「決算報告書」が大体大筋で読める力は付きました。

BS、PL、CF計算書が何処に何が書いてあって、
どこをどう見るか?みたいな分析ができる様になれました。
素人レベルから中級者の入り口に立った気がしますね。

あと、四季報CD−ROMのスクリーニングも
割安・成長株の指標として、どんな式でやるか?
もサンプル付きで実施したので、
今まで大したスクリーニングできていませんでしたが、
これも初級の上にはなったと思います。

参加者のメンバとの交流もたくさんできたし、
卒業者専用MLもあるみたいで、新しい人脈もできました。(^^ゞ

何でも顔を突っ込んで動いて見ると、いろいろと学びが多いです。
セミナーには積極的に参加しようと思います。
#あっ、投資で利益を上げている限りですけど(笑)(´・ω・`)

記念にカリキュラムを転載しておこう。
---------------------------
¥塾 割安・成長株投資スクール
割安・成長株投資を自分ひとりで出来るようになるための2日間!
---------------------------
開催日時 2006年1月28日(土) 9:30〜19:30
     2006年1月29日(日) 9:00〜19:00
●1日目 
(1)はじめに
(2)エクセル基礎
・投資分析に不可欠なエクセルの知識を身につける(四則演算、複利計算、家計簿、ポートフォリオ管理など)
(3)ファイナンシャルプランニング
・資産運用の目的を意識する
・複利の原理とその実践方法を知る
(4)株式投資入門/バリュー投資基礎
・株式に関するごく基本的な話を再認識する
・バリュー投資の概要を知る
・バリュー投資の優位性を知る
(5)決算書
・決算書を読めるメリットを知る
・貸借対照表・損益計算書・キャッシュフロー計算書が何かを知る
・決算書から簡単な経営分析ができるようになる
・決算書の項目を四季報CD−ROMを使用することで慣れる

(6)有価証券報告書の基本的な見方
・有価証券報告書には何が書かれているのかを知り、安全な会社/危険な会社、将来有望な会社/そうでない会社を見極められるようになる
※1日目終了後懇親会(参加費込み)

●2日目
(1)バリュー投資実践 資産バリュー
・企業が保有している資産から割安な企業を見つける方法を知る
・PBRや清算価値などの概念を知り、決算書からその算出方法を実践する
・四季報CD−ROMを使った徹底的な演習
(2)バリュー投資実践 収益バリュー
・企業が将来稼ぎ出す収益から割安な企業を見つける方法を知る
・PERやROEなどの概念を知り、決算書からその算出方法を実践する
・成長株となりうる企業群(消費者独占型企業)とそうでない企業(コモディティ型企業)
の違いを理解する
・四季報CD−ROMを使った徹底的な演習
(3)資金配分、メンタルコントロール
・分散投資と集中投資のメリット/デメリットを知る
・信用取引についての特徴を知る
・株価変動に対する心構えを身に付ける
(4)おわりに
---------------------------

まだまだ、自分に投資ダ!!(゚Д゚)




2006年01月21日(Sat)▲ページの先頭へ
『0249』今日はキャッシュフローのゲーム会、明日は¥塾セミナー(゜▽゜)

今日は金持ち父さんのロバート・キヨサキさんの
キャッシュフロー・ゲーム会に参加していた。

■クラビス主催!キャッシュフローゲーム会!
キャッシュフロー101でファイナンシャルインテリジェンスを身につけよう!
http://www.clubrich.jp/gamekai.html

投資を始める前に来ている人が多いみたいで、
私の様な相場にドップリは少ないのかなぁと思った。
#確かに順序は逆だしなぁ

ゲーム自体は大変楽しめました。
人生ゲームやる感じで上手く損益計算書とB/Sを使って
資産の増やし方を学べるんだと感じました。

一緒にゲームした人とセミナー後、軽く飲めて、交流できましたのも収穫でした。



あと明日は朝から渋谷で以下のセミナーです。

『割安・成長株投資研究会』 第2回勉強会
 企業価値創造のプロフェッショナルから
 企業価値評価を学ぶ
 DCF法を使って実際に上場企業をバリュエーションします!
http://www.enjyuku.com/se/study_060121.htm

ちゅうことで早よ寝ないと。(・ω・)



2006年01月19日(Thu)▲ページの先頭へ
『0246』含み損は拡大しても、俺は前進する。

今日は、以下のセミナーの1回目だった。

■不動産投資家 養成講座  ・不動産投資コース・
http://www.clubrich.jp/ml/1878/seminar/802.html


50人集まっていて、金儲けには人が集まることを実感。

しっかり勉強してきました。

不動産投資できる資本を作らないと。。。(笑)


2006年01月15日(Sun)▲ページの先頭へ
『0240』TMSはとっても楽しかった!!

昨夜はとても充実した一夜でした!(^o^)/

今一度、主宰されたSilverさん、司会のホストさん、
TMSを知るきっかけを頂いたウタタネさんにお礼を申し上げます。m(__)m

80名を超える参加者が全て個人投資家という状態はやはり圧巻でした。
今までリアルに相場を語ることなど無かったので、
大変熱く、大いに勉強になりました。

なるべくたくさんの方のお話を伺おうと積極的に動きました。
#年齢が30代以上の年齢の近い方中心でしたが(笑)
短期投資を手法としている方が多く、やはり12月末の
ジェイコム事件からの新興爆上でガッチリ取っている方や、
その他ソフトバンクなど去年の強い相場にしっかり乗っている方が
多かったのも印象的でした。

中には億単位で運用し、相場で食べておられる神レベルの方にも
お話ができ、大変充実した勉強ができました。

途中、成功されている2人の方のインタビューの機会には
■今年の注目セクターはどこを狙っていますか?
■損切りのルールを教えて下さい
と質問していたおやぢは私です。(*´д`*)

Silverさんとその近くの方々にはフジTVの取材が入っていました。
個人投資ブームであることを実感させて頂く一幕ではありました。

-------
もし、TMS経由でこのBlogを参照して頂いた方が
いらっしゃいましたら、コメントの足跡を残して頂けると大変嬉しいです!
またBlogなど作成しておられましたら、相互リンクお願いします。(^^ゞ
#私もコメント残しにお伺い致します。
-------

■■■今回の一番勉強になった点■■■
☆私が総じて感じた事
 ・利益を出している人は、例外なく相場に対して努力家である

自分の努力が間違っていないと確信できました。
こういう機会だからこそ気付けるものです。
楽して儲けている人などは基本的に存在しないと感じます。

☆億単位で運用されている人の一言
 ・あいつは随分煮詰まって来ている

これは、相場に対する投資手法を指していると
思いますが、相場に向かう自分のスタイルの確立を
この一言で凝縮し、表現されているのは流石だと感じました。
この「煮詰まる」深いです。
煮詰まる前には、たくさんの勉強をし、
自分に合うものを取捨選択して
自分のスタイルが固まっていくんでしょうが。。。深いです。
■■■今回の一番勉強になった点■■■


その他、トレード手法の引出しも2つほどヒントを得て、
参加費なんかじゃとても言い表せない勉強をさせて頂きました。m(__)m


TMS。。。それはとってもPrice Less (゜▽゜)

この度は参加の皆様、大変ありがとうございました!!m(__)m



2005年10月02日(Sun)▲ページの先頭へ
『0208』初!有料セミナーに行ってきました!(¥塾(エンジュク)の四季報の読み取り方速習セミナー)

今まで無料セミナーは5回程度行きましたが、
初めて有料の株式投資セミナーに行ってきました。

----以下転載---------------
四季報編集長が直伝!
「株式投資」に役立つ会社四季報の読み取り方速習セミナー
http://www.enjyuku.com/se/kabu_051001.htm
〜これで完璧!
3800企業の本当の力を読み解く方法を身につけよう〜
-------------------
第一部
1.「四季報」の特徴をつかもう
・四季報はデータ集? 雑誌?
・四季報は宝の山
・ファンダメンタルズを知るバイブル
・四季報はどのように作られているのか
・1、2、3、4集のくせをつかもう
・日本一の個人投資家、竹田和平氏に学ぼう
・一般投資家はどう使っているのか
・大昔01、昔65〜94〜、今4000番台
・四季報を「9ブロック」で理解する

2.「四季報」で探す稼ぐ会社
・美人投票、将来もっと美人になる会社は
・数字こそ全て
・原点は業績にあり
・業績欄はどう読めばいいのか
・予想数字はどうやって作っているのか
・四季報用語と独特のニュアンス
・売上げこそ利益の源泉
・利益の違いをつかみ取ろう
・特に大事な「増額」「増益幅拡大」
・3割増額会社に注目しよう
・配当にもいろんな種類がある
・1に1株利益、2に低PER
・材料欄で中期的に会社を見る

第二部
3.「四季報」で分かる魅力的な会社
・株主構成で会社が透けて見える
・外国人投資家が注目する会社
・発行済み株式数で分かる大型株、中型株、小型株
・時価総額で比べてみよう
・総資産で見てみよう
・株主資本で何が分かる
・「ROE」は投資の世界標準
・設備投資をする会社、しない会社
・株式分割をする会社、しない会社
・四季報の5年月足チャート
・株価転換のチャートパターン
・意外と流れを掴める収益率

4.「四季報」で分かる危ない会社
・赤字、無配、格付低い、反社会的
・累損は必ず明記してある
・債務超過は最高レベルの赤信号
・継続疑義の会社
・営業CFがマイナスは危険
・仕手株は避けて通ろう
・四季報で分かる経営者の姿勢

5.まとめと確認の小テスト
・知っている会社から開く
・変化している会社を探そう
・フロンティア企業を探そう
・REITは配当利回り重視で
-----転載ここまで--------------

結論で言うと「払ったお金の価値はあった」と感じました。
毎号、机上版とCD−ROMを買っていますが、
見てはいるものの、たいして使いこなせて無いと感じてました。

今回のセミナーで私として3・4種の新しい使いこなし方は吸収できたので、
セミナーに参加した価値があると言うものです。

編集長は誠実感のある良い方でした。
四季報のことを
「発売日は自分の娘を嫁に出す気持ち」
「3ヶ月毎に掲載会社の業績を見直す「アリの目」マガジン」
「2・26事件のあった昭和11年創刊」
「日経会社情報との売上部数比率は72:28で圧倒的に四季報」
「100人超の記者が担当の会社を実直にアリになって分析している」
「発売3週間前はホテルに缶詰でタイムキーパ付で校正作業
 誤字脱字は一切許さず、命を削るような感覚(笑)と」
とかおっしゃってました。(上記は私が記憶に残った部分)

かなり四季報に親近感が湧き、見方の理解でき、楽しかった。
何でもそうですが、思い入れがある方が身が入って分析できます。

これからも無理しないレベルで有料セミナーに行こうと思います。



2005年09月01日(Thu)▲ページの先頭へ
『0189』久しぶりに無料セミナーへ

以下の内容でした。

http://www.kcr-inc.com/
■ KCR総研主催 ロイター・ジャパン協力
■ NPO法人日本ライフプラン協会・松井証券協賛
■ 企業IRフェア in 東京【無料】
■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
プログラム
13:20           開場・受付開始
13:50〜14:30(40分間) 「経営トップ取材報告」
               株式会社KCR総研
               代表取締役 金田 洋次郎
14:30〜14:35 (5分間) 休憩
14:35〜15:20(45分間) 「21LADYの成長戦略」
               21LADY株式会社 (3346・名証セントレックス)
               代表取締役社長 広野道子 氏
15:20〜15:25 (5分間) 休憩
15:25〜16:10(45分間) 「ジー・エフの成長戦略」
               株式会社ジー・エフ (3751・東証マザーズ)
               代表取締役社長 仲吉昭治 氏
16:10〜16:15 (5分間) 休憩
16:15〜17:00(45分間) 「セレブリックスの成長戦略」
               株式会社セレブリックス (2444・大証ヘラクレス)
               代表取締役会長 三戸薫 氏
               代表取締役社長 櫻井富美男 氏

セレブリックスは上方修正で今日STOP高でしたね。

感想としては、
・IRに出てくるような企業は材料を内包している可能性が高い。
 →シーマの100分割前、かなりあの企業はIRにでていた

・この種の小型株成長銘柄は3〜5年で数倍は狙える。

・投資のセンスを磨くため、参加者は入会金が免除された
 NPO法人日本ライフプラン協会http://www.jlpi.jp/index.htm
 に参加を申し込んだ。1万5千円ナリ。

たまにはセミナーに行くと、いい感じで頭が刺激されますね。


2004年09月05日(Sun)▲ページの先頭へ
『0089』ネット証券評議会 個人投資家セミナー参加レポートC〜第3部〜

[第3部]「株式投資必敗法」 BRBインベストメント代表:東保 裕之

今井さんの内容が素晴らしく、申し訳ないのですが、
第3部はほとんどメモを取ってません。

東保さんの言葉で印象に残ったのは、
「チャート手法とか勉強ばかりをするだけの人が多い、実売買しましょう」
で、後は、入門書で読んだ様な事をたくさん聞いた記憶があります。


今回のセミナーは、今井さんのセミナーを聴けたということが、
大変な財産になりました。

今後の株式投資に悲観せずに向えば良い!
と背中をポンと押して頂けましたから。(^o^)/


<最後に>
これらの投稿内容は、私が個人的に書き写したもので、
その投稿内容の信頼性は一切保障致しかねます。
#私の聞き違いで、まったく逆の内容として投稿をしているかもしれません。

以上です。

〜レポートで「おっ!」という事があったお方の1クリックをお願い致します。m(__)m 〜



『0088』ネット証券評議会 個人投資家セミナー参加レポートB〜第2部〜

[第2部]「今後の日本経済と長期上昇株価」国際エコノミスト :今井 澂

---感想---
今井さんという方は、恥ずかしながら、私は今回初めて知りましたが、
かなりのご高名な方なんですね。
こういう賢い方が日本はたくさんいて、そういう方々が今の裕福な日本を
築いてくれたのだろうと、素直に思います。

製造業でリーマンをしている私にはトヨタの大野耐一さんの様な方が
今の日本を築いて来たぐらいしか思っていませんでしたが、自分の視野が広がった思いです。

ユーモアもあり、人に伝えるポイントが的確で、人を惹きつける魅力がある素晴らしい方でした。
---感想---

<結論>
■日経平均は現在1万1千円。
 03年の外人の日本株買い越し金額は14兆円
 →世界は日本株を注目している
  →結果、日本株は2・3年で2万円になる!!

■日本の企業収益は今後数年は良い!!
 1)企業の収益力が高まった(ROE)
 2)デジタル家電、低公害自動車を中心に設備投資がされる
   →海外生産から国内回帰の波。
   →デジタル家電や低公害自動車の特許で独占
 3)中国特需
   →海運は運賃8倍へ(反動で2・3割減)
    →造船に波及効果
 4)銀行の不良債権問題が山を越えた
   →ダイエーの貸付の正常化
 ・原油も49ドルを天井に30ドル台へ

<今後の日本経済の詳細>
1)主要企業の経常利益はバブル期を上回った
  ・89年を指数100とすると
   →全体で146、製造業は137、非製造業は176

2)日本の経済動向
  ・バブル経済の崩壊後、94年に公共企業特需、
   00年からITバブルがあった。
   04年は自力での経済回復になる
  デジカメのCCD、プラズマディスプレイの半導体などの
  ナノテクノロジーは日本が独占
  液晶のみ韓国のサムソンが勝ち組か。
  2010年はデジタルTV景気。15億台の新規需要
  ・システムLSIは日本勢(松下、東芝)が独占
  ・アメリカでは低公害車が流行中!
  ・IT、情報がらみは日本が最先進国

3)世界全体の経済成長の寄与率
  1位:中国(35%)
  2位:アメリカ(22%)
  3位:日本(6%)
  3位:EU(6%)
  5位:その他アジア(9%)
  6位:中南米(3%)
  7位:その他(19%)

  ■中国は08年北京オリンピック、10年上海万博と上昇
   →日本が最大の受益国と判断されている
  ・中国の裕福層4億人向けの商売
   →自動車03年85%上昇、04年は500万台の市場規模
   →日本は630万台の市場だが、05年には中国も同レベルに
  ・自動車の鉄板は、ほぼ日本から供給
  ・JFE45%利益UP(千葉の港を見れば判る)
  ・去年9000kmの高速道路を建設
   =日本の総延長距離(計画含む)と同等
   →北京オリンピックでは1万km延長されると予測
  ・リースで日本の建築機材(パワーショベル)を買い占める

  ■中国の強み
  1)世界中の最新鋭の設備・機械を買い、24時間操業運転する。
    
  2)中国女性による賃金が安くて能力の高い労働力の確保
    ある工場にて1200人の女性を集めたが、
    ・平均視力2.5、身長160〜165cmの条件を揃える事が容易にできる
    →3〜4年住み込みで働くと田舎の故郷で家が建つ

  3)人民元=13〜14円だが、
    ・実際の価値の1/5→1元=70円ぐらいが妥当
    今後2・3割の切り上げがされるだろう
    中国は今後、宝の山。上海の銀行に貯金するだけでも儲かる
    あのジム・ロジャーズも中国株を買った。
    中国人はダマシが多いが、彼が9%を購入した××チャイナは
    今、購入し3年後に利食いすれば5倍にはなるだろう

4)不良債権の主銀行と主銀行以外の内訳
  主銀行:26兆円→20兆円まで減ってきた
  
  ■小泉ー竹中政策では銀行は潰さない!
  ・イールドスプレッド
   →長期金利と株の利回りから導き出す指標
   →外人は2%になるまで日本株は売らない。

  ■私(今井さん)はバブルの天井と8000円の底を当てた自負がある
   その私が来年の3月の日経平均は1万8千円と言ってます。信じなさい。

<最後に政治について>
■大統領選挙、ブッシュの当選確率は95%と見ている
 ・ウォール街では8:2でブッシュ当選と見られている
 ・もし民主党ケリーが当選した場合、クリントン同様に日本いじめがありえる
 ・もしケリーが当選した場合、私の日本経済の予測は8割り掛けになる
 ・2008年はヒラリー夫人が出馬する可能性が高い

→小泉−ブッシュの結束は固い。
 ゆえにブッシュ再選だと小泉政権はあと4年は続くと予想します。

以上です。

■[第3部]「株式投資必敗法」 BRBインベストメント代表:東保 裕之
 に続きます。

〜レポートで「おっ!」という事があったお方の1クリックをお願い致します。m(__)m 〜



『0087』ネット証券評議会 個人投資家セミナー参加レポートA〜第1部〜

[第1部]「ネット証券評議会 について」ネット証券評議会会長:松井 道夫

評議会の会長としてのコメントは慣れてないと仰った松井社長ですが、
内容のポイントを先に書きますと、

■評議会4社の手口公開を更に進めます。
 1)再来週までには売買代金の上位15銘柄(30銘柄に増やす予定)の
   日々公開を行います。
 2)4社のストック金額上位30%の銘柄も公開する予定です。

■東証への「夜間取引」開始検討への強烈な要求を継続実施。

の2つでした。

以下、私がメモを取れた部分をUPします。

・1997年橋本内閣金融ビッグバンを唱える
・1999株式の売買手数料自由化
・今日は、たまたまマックスのセミナーと日程がぶつかっただけ
・今後の活動→手口公開の実施
 再来週あたりには日々公開にする(銘柄数は15か30銘柄)
・手口公開などのインフラの確立が市場拡大に重要
・今後は4社のストック上位30%シェアの公表

・東証への証券会社が支払う比率
 <現状> 
 30%:証券会社規模にて比例
 70%:売買代金にて比例
 <今後>
 75%:売買代金にて比例
 10%:注文件数件数にて比例
 07%:証券会社規模
 07%:システム費負担

 結果、20%程度はオンライン証券の費用負担が上昇する(東証の決定)
 →松井会長
 「判りました。払います。そうすると今後の東証はオンライン証券に
  支えられるんだな。だったら支える事になるオンライン証券が要望している
  夜間取引を早期実現する様に検討しろ」と強烈にアピールしたとの事

・夜間取引の意義
 1)夜間取引のメリットは売買するお客様が恩恵を受ける
   例:10年ほど前のスーパーの夜間営業でも消費者が最大の恩恵を得た
 2)火急的な問題→システムダウンのリスク回避
   東証の朝の寄りの注文エネルギーの膨大(30〜40%負荷が下がる)
 3)夜間取引すれば約定率が40〜50%から60〜70%に劇的に上がる

 しかし、東証の自己の都合で実施が頓挫している
 最初に要望した時は「3年前に結果が出ている」とあっさり断られた
 3年前と今ではオンラインの比率はどうなったか?
 お客様のニーズに答えるのが商売だろう

・インターネット通じた売買代金:03年度500兆円/年
 うち個人投資家は110兆円と22%を占める
 残りの200兆円は証券会社の自己売買代金
 証券会社20社で500兆円の90%以上を占める

・13年前は自己売買の松井証券と言われた(自己売買比率49%)
 自己売買は朝買い−夕手仕舞いの順張りが基本

・この3ヶ月間で売買代金が20兆円(4社合算)

・株式のストックについて
 現在オンライン取引する個人投資家は10人のうち1人
・預かり資産は4社合計で4兆円。
・売買代金が80兆円だから20回転/年したことになる
・個人投資家株式資産70兆円のうち30兆円はタンス株
・残りの40兆円は対面証券会社で1回転/年程度
・松井証券は対面証券からオンライン専業に変わった唯一の証券会社
 →口座19万人のうちデイトレードする人数は1000人いない
  1000人以外の人は月に2回転程度
・対面証券では1回転だがオンライン証券では20回転=20倍
 手数料が安くなった事もあるが何より自由に売買できる様になった
 今後インターネットで取引する個人は更に増える
 我々はこの環境を更に充実させていく

以上です。

■参考資料:「ネット証券評議会」の設立について

あとは、今は4社だが今後増えるのはかまわない。とか
その他マネックスさんを意識した発言を2・3されてました。

■[第2部]「今後の日本経済と長期上昇株価」国際エコノミスト :今井 澂
 に続きます。


〜レポートで「おっ!」という事があったお方の1クリックをお願い致します。m(__)m 〜



2004年09月04日(Sat)▲ページの先頭へ
『0086』ネット証券評議会 個人投資家セミナー参加レポート@〜概要〜

予定通りに「ネット証券評議会 個人投資家セミナー」に行ってきました。

ナゼか、スケジュールのページのリンクが9/4 23時現在切れていますが、以下が明細です。

Googleキャッシュには、残ってましたが。。。

------------------------------------
ネット証券評議会 個人投資家セミナー
------------------------------------
[日程]9月4日(土)
[時間]12:30-16:00
[場所]東京・渋谷(渋谷公会堂)

[第1部]「ネット証券評議会 について」 ネット証券評議会会長 :松井 道夫
[第2部]「今後の日本経済と長期上昇株価」国際エコノミスト :今井 澂
[第3部]「株式投資必敗法」 BRBインベストメント代表:東保 裕之
------------------------------------

11:30の開場とのこと、早く行って良い場所を取ろうと、
11:30に着きましたが、すでに数百人は居ましたね。
開場は到着順の全席指定で飲食不可、撮影不可とか、
結構口うるさいなぁと感じながら着席。
渋谷公会堂は初めてですが、席と席の間が狭い。
左右が同じ年位の男性だからまだ良かったけど、
もしも、化粧のキツイおばサマだったらと思うとゾッとしますね。(笑)

約2,000人弱ぐらいの来場と言ってました。
私がざっと見た参加者構成比率は、

男女比>75:25

--年代比--
10〜20代>20%
30〜40代>40%
50代〜 >40%
#年代別男女比は若い年代の女性の割合が高いと思いました。

過去これで3回、投資関連の無料セミナーに行きましたが、
今回が一番、参加者の平均年齢が若そうと感じました。

セミナーの内容は、今井さんの内容がダントツで良かったです!私的には。
今までのセミナーで最も有益で勉強になったセミナーでした。

松井社長さんは、面白い方でした。
かなり感情的に話される方で、行き当たりばったりで話すのに、
細かいデータも資料無しで話すところは流石でした。
悪い言い方すると「テラ銭を上げると言うなら東証さんよ。こっちの要求も聴きやがれ」という「経済やくざ」的な印象を持ちました。。。f(^^;
この辺りは後で詳細を投稿します。

あと、司会進行役だったモーニングサテライトお天気キャスターの
「枦山 南美」ちゃん!
あの〜、いくら初司会だからって、場の繋ぎのトークで、
・私、今年新潟から出てきました。でも出身は鹿児島です。
・明日のお天気はどうのこうの。。。
・経済の勉強しなくちゃって思います。。。
って、「だから何?」的なトークはボケかまし過ぎです。(笑)
せめて、司会するなら講師の方の経歴を事前に勉強して、
「こういう事を聞けるのを楽しみにします」とか、
聴きドコロを参加者にアナウンスしなきゃダメと思いますが。。。残念!
「お天気キャスターなのにNo天気斬り!!」m(__)m


テレビ東京のカメラも入ってましたね。
何人かの参加者がインタビューを求められていました。
来週辺りのワールドビジネスサテライトぐらいで映像が出てきそうですね。
私は1階の左の前の方辺りで座ってましたが、さて自分を見つけられますかねぇ。。。

長くなりそうなので、いくつかに投稿を分けます。


〜レポートで「おっ!」という事があったお方の1クリックをお願い致します。m(__)m 〜



2004年07月11日(Sun)▲ページの先頭へ
『0037』楽天証券スタート記念投資セミナー参加レポート〜個別5〜

これ以降は、簡単に感想だけ。。。f(^^;

・経営トップが語る!IRプレゼンテーション(1)
 三井物産テレパーク株式会社(3738・東2) 
 宮崎重則氏(代表取締役社長)

■証券コード:3738でみ・な・さん・ハッピー!!
 って連呼してました(笑)
■2部から1部へ最短距離でめざすとのこと。
■4兆円マーケットのシェア6.2%(2位)
 上位9社の合計でもシェア40%しかない群雄割拠の戦国時代
■売り上げ1825億の内、6割強が継続手数料などの安定収入
 現8千万台の携帯電話は年間4〜5千万台の買換え需要が見込める

ということで、是非、買ってね!とのことでした。(笑)

・「米国経済・株式市場と今後の投資戦略 」
 堀古 英司氏(ホリコ・キャピタル・マネジメント LLC) 

■半分寝てしまいました。米株は、取引しないだろうし。
 インターネットの成長30%に併せてeベイ株は買っておけば
 儲かるんで重宝しているとか言ってました。

・実践レクチャー「テクニカル分析で逆指値をモノにしよう!
         〜マーケットスピードの最新テクニックを伝授」
 福永 博之氏(DLJディレクトSFG証券 投資情報室長)

■ここが一番、集中力が切れました。。。(T_T)
 逆指値は高値を超えた時を待ち伏せて買えるんだよが勉強になりました。

・経営トップが語る!IRプレゼンテーション(2)
 住信リース株式会社(8432・東2) 
 大塚 尊彦氏(取締役社長)

■いい会社だと思いましたが、急成長は無いかな?と感じました。

・株が好きになる!ザ・銘柄対談
 藤野 英人氏(レオス・キャピタルワークス代表取締役) 
 和島 英樹(ラジオNIKKEI記者・兜倶楽部キャップ) 
 司会:叶内 文子(アナウンサー) 

■実際の銘柄を紹介してのやりとりは大変楽しかったです。
 さすがにどの銘柄かは、聞いた方だけのお楽しみとして記入は控えます。m(__)m
 ただ、まあ、下世話な話ですね。銘柄紹介って・・・・f(^^;
 #みんな聞き耳立てての噂話みたい

・プレゼント抽選会

■海外旅行、北海道旅行、高額パソコン。。。すべてハズレました(T_T)


<最後に>
これらの投稿内容は、私が個人的に書き写したもので、
その投稿内容の信頼性は一切保障致しかねます。
#私の聞き違いで、まったく逆の内容として投稿をしているかもしれません。

『0036』楽天証券スタート記念投資セミナー参加レポート〜個別4〜

・中国株講演「中国の中長期成長シナリオと株式市場」−都市化・市場化・民営化が加速−
 司馬 毅氏(三井住友アセットマネジメント投資運用グループファンドマネージャー)

もしかしたら日本人の方ではないのかな?と思いました。
#話が聞き取り辛かったんで。。。

以下、私が拾った情報です。
(集中力が続かず、内容に対して1・2割程度しか拾えてません)

<都市部への人口流入の加速>
--------<2002年>--<2008年予測>
都市部人口:5億人____→__6億人
------------(42%)---(50%?)-------------
全地域人口:12億人__→__12.5億人?
------------------------------------------
☆都市部への人口増加は年間2000万人以上のペース
 (人口の自然増加の伸びを大幅に上回る)
 →住居不足による建設ラッシュは引き続き続く

<中国の全世界に対する消費割合>
■原油:7.1%
■鉄鋼:25%!!
■コンクリート:40%!!

現状の中国は資源不足が増幅している
→世界一の食料輸入国

中国の巨大マーケットに参入するため、
これからも外資系企業の中国企業のM&Aによる買いが入る

『0035』楽天証券スタート記念投資セミナー参加レポート〜個別3〜

・話題の企業 トップ講演「新生銀行が目指す経営戦略」
 八城 政基氏(新生銀行 取締役会長兼社長)

如何にも社長さんらしい喋り方でした。
喋りの目線がちょっと。。。ね。f(^^;

以下、私が拾った情報です。
(これから先のセミナーは集中力が続かず、内容に対して1・2割程度しか拾えてません)

■今までの日本の銀行の利益の8割が貸付利益のみ
 →アメリカの銀行は4〜5割程度→日本は楽している

今の金利では、1億円預けて、たった700円程度の利子。。。タクシー初乗り分で終わり

新生銀行では、
■300〜400台のマイクロソフト社のサーバ
■ホストコンピュータをを持たない
などその他徹底したコスト削減により、

■ATM手数料0円
を実現している

不良債権の比率は、当初30%から2.6%まで下げた。(30億円程度)
収入の割合も55%がその他収入だ。


『0034』楽天証券スタート記念投資セミナー参加レポート〜個別2〜

■基調講演「いずれ長期投資が主流になる!!
      〜今うちから長期投資になれておこう〜」
 澤上 篤人氏(さわかみ投信代表取締役社長)

一番ためになったと思っています。ある種のカリスマをお持ちの方と感じました。

以下が私が拾った情報です。

<日本の現状>
■預貯金:770兆円
■保険金:250兆円
合わせて1000兆円の現金がある

しかし、ここ8年間は0金利政策により、無利子
海外の国々の平均金利の3%で利子計算すると770兆円では25兆円。
今、この国民に払われるべき25兆円の利子利益すべてを銀行が持っていってる

<日本経済は発展段階から成熟段階へ>
・ドイツは20年間の成長経済の後、成熟段階へ
・日本は42年間発展し続けた。今初めて成熟段階となった
 →他の先進国はすでに成熟経済に入っており、経営経験豊富。
  しかし日本のほとんどの企業は初体験。
 
■成熟経済とは
 ・スリム化&コスト削減ダントツ化
 ・メリハリを利かせて需要にあった労働力の確保
  →固定費の削減
 ☆欧米の先進国に飛び出した企業は成熟経済のノウハウを
  すでに持ち今の日本での勝ち組みになっている

<日本国内での勝ち負け企業比率>
1)勝ち組:押し目はドンドン拾う(1/6)
2)2番手企業:勝ち組み候補を探し少しずつ拾う(4/6)
3)負け組:当然買わない(1/6)

<アメリカの景気復興の例にて>
1)株価4.4倍増;黄金の60年代を終えから景気復活まで
2)株価3.3倍増;景気回復からITバブル崩壊まで
  ☆この4.4倍の転機に長期投資家は買っている

『お金の流れの先取り』
1)景気上昇時(上向き):株式投資
2)景気安定時(安 定):現金預金
3)景気下降時(下向き):債権
■景気の循環で1)→2)→3)→1)・・・の繰り返し

『アセット・アロケーションの切り換え』が投資運用の基本
 →これは「イロハ」の「イ」である
8年間失った利子所得に気付くと日本人は預金だけではダメと気付く。
#今日集まった人は気付きが早い方。本格的には後数年。

『0033』楽天証券スタート記念投資セミナー参加レポート〜個別1〜

〜オープングあいさつ〜
はじめて楽天の会長兼社長の三木谷さんを目にした。
私が拾った情報としては、

■オンライン証券の売買代金ランキング
1位:Eトレード証券
2位:松井証券
3位:楽天証券
4位:kabu.com証券
5位:マネックス証券

この1位を目指しますとのこと。

あとリップサービスにしか聞こえませんでしたが(笑)
■私(三木谷さん)は興銀をやめて楽天を立ち上げた。
 証券は私にとって本業回帰だ。

ちゅうことを言ってました。

『0032』楽天証券スタート記念投資セミナー参加レポート〜概要〜

行ってきました。

内容は以下の通りです。
7/10(土)東京会場・タイムテーブル

朝9:30開場とのこと、5分前に着いたらもう、厚生年金会館は長蛇の列(゜〇゜;)
こんなに来るものなのか!と驚きました。

たぶん、1,000人ぐらいは来場していると思います。
私がざっと見た比率では、

男女比>80:20

--年代比--
10〜20代>10%
30〜40代>40%
50代〜 >50%
#男女比はそれぞれの年代で8:2ぐらいでしたね。

2人に1人は、定年退職されていそうな老齢な方でした。

流石に金を儲けてやろうという人の集まりですから、
何か良い情報見つけて帰ってやろうというギラギラ感がありましたね。

セミナーの内容は、「良い」と「普通」の半々でしたね。私的には。
一番最初の「澤上(さわかみ)」さんのセミナーが最高でした。

10時から18時までのほぼ休憩のないセミナーは疲れました。
寄付きが一番高値でその後弱くなり後場も軟調で大引け前で持ち直した。。。みたいな
#あっ、私の集中力のハナシです。( -_-)=○()゜O゜)

私として嬉しかったのが、パンローリング(株)のブースで
「魔術師リンダ・ラリーの短期売買入門」
が29,400円が25,000円の 特価で買えたこと!(^o^)/

MBA投資銀行マンの株式投資さんのサイトで紹介されている本で一番お高い本です。
新品が安く買えて満足っす。(あっ、勉強して満足しますが(笑))

昨日の夜にでもレポート書こうと思いましたが、
家に帰って飯食って横になったら朝でした(笑)
気持ちを取り直して、今PCに向かってます。f(^^;

長くなりそうなので、いくつかに投稿を分けます。